トップページ > 美肌油シリーズ
美肌油もち泡シャンプー

美肌油もち泡シャンプー

前の商品 商品画像拡大表示 次の商品


販売価格
3,600円
 (消費税込・送料別・手数料別)

購入数
 本





詳細説明
美肌油 馬油髪シャンプー(美肌油NBSシャンプー)
「美肌油ファン」の根強い要望で作った待望の新商品です!

馬油のエキスパートだから、最大限の馬油配合にこだわりました。理由は一つ、髪を健康に保つための土台、頭皮ケアを基本にしたシャンプーを提案したかったからです。開発コンセプト作りから約2年掛かりました。

☆ 洗浄へのこだわり☆
洗浄成分は、敏感肌・ダメージ髪にとても優しい「アミノ酸」洗浄成分を配合。
髪の周りにまとわり付くホコリ・油分・をしっかりキメの細かい「もち泡」で包み・丸め優しく流す。アミノ酸の持つ優しさをしっかり実現している洗い上がりです。

☆ 保湿へのこだわり☆
馬油を筆頭に、ヒアルロン酸2倍の保湿力を誇るポリクオタニウム-10(非シリコン成分)やコラーゲンなど、とことん保湿・うるおい効果を徹底させました。

☆コーティングへのこだわり☆
最近注目されている、褐藻エキス・紅藻エキス・緑エキスを配合、で髪のコーティングをしっかりカバーしています。

☆温泉水を使うというこだわり☆
全成分をまとめ融和させるための基材に「九州の銘水(温泉水)」を採用。天然水は化粧品の配合には難しい条件が幾つもあります。天然に由来する素材は成分比にバラツキがあり業界では使用を避けていました。しかし、やっぱり馬油には天然素材でまとめたい。このコンセプトに挑戦しました。そこで着目したのが飲む温泉水、鹿児島垂水温泉水「美豊泉」でした。750mの地下から高い電解質を持ち細密なクラスターでしかも安定した成分比は無調整であり、私たちの探していた基材として配合を決定しました。馬油と温泉水事態のクオリティがこのコラボレーションを可能にしたわけです。飲む温泉水としての実力が全国へ配信されている素材とのコラボは九州の恵が成した技と言っても過言ではないと思います。

馬油髪シャンプー・トリートメントの使い方
ステップ 1
洗髪前には、十分に髪を適温で濡らしておきましょう。
※ 髪をご自分のつむじ方向に無理なく整えながら適温の温水でぬらしてください。汚れがひどい場合、髪の毛が絡んでいる場合この時点で緩やかに髪を整えながらぬらしてください。この事前準備を怠ると、シャンプーが髪全体にのびにくくなったりすることが有ります。

ステップ 2
シャンプーを髪の量・長さにあわせご自分の適量(ポンプ吐出能力1プッシュ3ml)を手に取って髪の流れに沿ってまんべんなくのばしながら洗髪してください。
※ 爪を立てずに、指のはらを使い頭皮から毛先をもみ洗いの要領で洗います。もち泡の泡立ちと馬油の効果で指どおりもよくなります。泡を立てながら髪全体を包むように「泡パック」するのもオススメです。時間は2〜3分程度で十分ですが、ご自分の髪の質・量に合わせて「自分時間」を設定されるのも良いと思います。

ステップ 3
しっかり洗い流して、髪を整えてください。
※ 洗い流すときも、髪の生えている方向に沿い頭皮から洗うように丁寧に洗い流すのが髪を傷めないコツです。

ステップ 4
トリートメントをしましょう。
※ 馬油髪シャンプーした後は、シャンプーと相性バツグンの馬油髪トリートメントで髪にたっぷりの保湿と柔軟性を与えてください。

ステップ 5
洗髪後は、必ず髪を乾かしましょう。
※洗髪後の乾燥、整髪はシャンプーやトリートメントの効果を失わないために重要な工程です。濡らしたままの髪には、匂いも移りやすく、キューティクルが落ちつきません。生え際からキューティクルの方向へ逆らわずにドライヤー等で、基本的に温風を使い整えてください。乾かすと指通りの効果が更に実感できると思います。

□ 全成分
温泉水、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ココアンホ酢酸Na、ジステアリン酸PEG-150、馬油、加水分解コラーゲン、渇藻エキス、紅藻エキス、緑藻エキス、ポリクオタニウム-10、ベタイン、オレンジ油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、ニクズク核油、グルタミン酸、ジステアリン酸グリコール、アクリル酸アルキルコポリマー、BG、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、フェノキシエタノール

おすすめ商品
美肌油ボディソープ
美肌油ボディソープ
美肌油もち泡トリートメント
美肌油もち泡トリートメント
美肌油MBE洗顔石けん
美肌油MBE洗顔石けん
美肌油リップコンディショナー
美肌油リップコンディショナー
美肌油クリームタイプ
美肌油クリームタイプ

ページトップ